Skip to content →

PROJECT HIRAYA

PROJECT HIRAYAとは何か?

私は今、親の介護の傍ら在宅で仕事をしているのですが、介護の時に思ったことがあります。我が家は築40年ほどの昔ながらの木造平屋建です。とは言っても昔の建物なので、あちこちに段差があります。

それでもやはり、介護の際に「平屋の家でよかった」とつくづく思います。小さい頃は2階建ての家に憧れていましたが、大人になって、親の介護が現実問題となった時に、平屋なので外部へのアクセスがスムーズであること、また、土地自体が道路と高低差がなく、家から自動車への移動が容易であること、今となってはものすごい利点です。

今までは子育てをメインとした家造りが考えられてきましたが、これからは終の住まいとして、老後までを見据えた家造りが必要になってくるかと思います。

PROJECT HIRAYAの実現に向けて

PROJECT HIRAYAの実現に向けては、色々とハードルがありますが、やはりなんと言っても最大の課題は私がまだ一級建築士の資格を取得できていない、ということにつきます。

なぜ一級建築士の資格にこだわるのかといいますと、二級建築士だと設計事務所を開設した場合に事務所の名称に「二級建築士設計事務所」と付けなきゃいけないのが嫌なんです。ただでさえ屋号長いのに、更に長くなる・・・!

そのためにも早めに一級建築士の資格を取得したい・・・。

それとあとは工務店さん、大工さん、建材店さんを探して信頼関係を構築することですね。まあ、それはどっちみち設計事務所を開設してからの話になりますが・・・。

さいごに

日本はすでに超高齢化社会であり、なおかつ人口減少社会です。その大きな時代のうねりの中で新築の家を建てる、ということはものすごく困難になってくるかと思われます。けど、そんな時代だからこそ、選んでいただけるようなPROJECTを構築したいと考えています。

Published in DREAMERS