初めてのダメ出し

先日、神崎先生にネームを40ページ分提出して、初めてダメ出しを頂きました。

ただ、神崎先生のダメ出しのいいところは、ダメな部分をきちんと指摘した上で、改善策(ただし具体的にはきちんと自分の頭でしっかり考えてね的な)をきちんと提示していただけるところです。

その時に初めて「ああ、ダメ出ししてもらって嬉しい!」と思いました。

っていうか、今までどんなダメ出し受けてきたの自分・・・。って、ふと、思い返したら、

  • 人格否定のダメ出し(「はっきり言って自分は君のことが嫌いなんで、さっさと辞めてよ」)
  • 立場を傘にきたダメ出し(「事務員の分際でこの程度のこともできないの!? 私は社長の娘よ!」)
  • 虚無(何度も同じ工程をやり直しさせられる)
  • 恫喝(「なんで図面に書き込んでないんだ! 責任者呼べ!」)
  • 存在否定のダメ出し(「そんな事でここでやっていけると思ってるの? 何考えて生きてるの?」)

って感じで、まともなダメ出しを受けたことが殆どないのです・・・。

というわけで、今は改善点を探りながらネームの作業を続けているところです。なのでこれから多分誰も知らない世界線に分岐していくかとは思いますが、その部分含めて楽しんでいただけるようにしていきたいと思っております。

引き続きよろしくお願いいたします。